工房 上碗空(うわんそら)
Text Size :  A A A
|  はじめまして!  |  お知らせ  |  日々雑記  |  works  |  これまでの展示  |  お便り  |  リンク  |
Img_83c5905011d560208e749c0340148fd6
  工房 上碗空は、徳尾光枝がひとりで制作している陶芸の屋号です。


  兵庫県篠山市の山と田畑に囲まれた長閑な場所で制作しています。
  粘土は信楽や唐津など産地の土を購入していますが、
  各土の土味を生かすように単独でまたはブレンドして使っています。
  
  化粧土.釉薬は自然の原料(長石.カオリン.珪石.灰etc)を使い、
  独自の調合で、すべて手作りしています。
  原料を重量あわせし水を加えて撹拌し、篩通しをして濾すという
  昔ながらの方法で、機械に頼らずに作っています。
  色化粧土や色釉は、酸化金属や顔料で着色をします。
  (環境を汚染しないよう取扱いには十分気をつけています)
  
  焼成は、佐賀の築窯士に作ってもらった薪兼用のガス窯と、
  電気窯とで、半日以上窯を焚きます。


  工房名の由来は、
  「うわてもの(上)の焼きもの(碗)を作れるように志は空高く(空)」
   と、勉強させてもらった窯元が願いを込めてつけて下さいました。


  気が付くといつも使っているよ、と言ってもらえるような、
  器を使うと楽しい!嬉しい!!気持ちになるようなぬくもりのある
  焼きものが作りたいと思っています。


                       工房 上碗空    徳尾光枝

  (私のこと)

   '98年会社勤めをしていた休日、陶芸教室に通ったことがきっかけで
   陶芸を志すことになりました
   2000.12 退職
   2001.04 佐賀県立有田窯業大学校 専門課程(2年制)入学
   2003.03 同校卒業後も在学中から勉強させてもらっていた武雄焼の窯元.
         亀翁窯にて引き続き1年間学ぶ
   2004.09 兵庫県に戻り三木市の借家で作陶を始める(初窯)
   2005.09 兵庫県丹波市柏原町のギャラリーにて初個展
   以降、兵庫県内.大阪市内を中心に個展.グループ展.野外イベントで活動中
  
   2010.03 兵庫県篠山市に居を移す
       (現在工房では教室、見学、作品の販売はおこなっていません)
        

   ※お問い合せ等ございましたら「お便り」からお願い致します。


   著作権は放棄していませんので、掲載しているすべての画像.文章データの
   転載転用はご遠慮下さい。
   Copyright(C) 2007-2016 koubou-uwansora. all rights reserved.