工房 上碗空(うわんそら)
Text Size :  A A A
|  はじめまして!  |  お知らせ  |  日々雑記  |  works  |  これまでの展示  |  お便り  |  リンク  |
Img_9e055f33f4c1a04e0ad249b303d14cc8
DM
Img_09d1d962b21e7f00e013757148d5213e
DM <飛騨>
Img_f143353685fca96d370a5142ce5eafdc
DM <兵庫>
またまた更新が空きすみません。
1月10日頃風邪を引き完治するまで2週間位、かなり長引きました。でも今は元気一杯です!

ここ最近の積雪予報は良いように外れ、ここ1週間位雪も降らず晴れの日続きで嬉しいです♪
ですが日本海側、特に福井の積雪はとんでもなくひどい状態で心が痛みます。
立春を過ぎて日ごと暖かくなっていくとはいえ、雪の心配をしなくて良い日が早く来ますように...。


1月は、雲部でこどもさんへの粘土遊び体験、節分には吹田でプチ陶芸体験教室もしました。
清荒神さんへ新しいお札をいただきにお詣りに行き、立春を過ぎて作業ペースも加速してきました♪
あっという間に2月も9日。早過ぎます。
神戸さんちかでのグループ展はまだまだ先だと思っていたのに、あと1ヶ月余で始まります!
展示会には毎度季節にあわせた色味の器を作って、と構成を考えのぞんでいるのですが、
3月中〜下旬の時期、春色の柔らかな淡い色の器が良いかな〜と思っています。
カップ、碗、お皿など定番になっている色味と、新作も少し作っています。
それから器ではないのですが、ちいさな箸置もちまちまと太い指で作っています。
昨年の展示で必ず聞かれた試作の二匹の猫箸置、目標50!いや30個は必ずがんばります!!

さんちかの展示は、毎回おなじみ飛騨の家具工房の5作家と、兵庫の6作家の合同展です。
私は昨年は骨折の完治が遅れ参加できませんでしたが、今回の参加で3回目になります。
飛騨の家具工房展としては10回をこえる展示会となるようですが、兵庫の作家をまじえての展示は
今回で5回目くらい?になります。(兵庫のメンバーは少し入れ替わりがあります)
さんちかホールは地下にあり、無機質な白色の広いスペースなのですが、
会期中は飛騨の樹々のなかを森林浴をしているみたいな良い香りに包まれます。
それぞれに個性ある上質な手仕事の家具を、みて触れて座って作り手と会話できる機会です。
兵庫もいろいろなものづくりの6作家が集まるので、楽しんでいただけるのではないでしょうか。
会期中作家が居ますので話も色々と楽しまれて下さい!
私自身も参加できるのをとても楽しみにしている展示会です。
神戸散策のおついでぜひお立ち寄り下さい。どうぞよろしくお願い致します。

本焼するのは3月に入ってから。2月中いろいろ楽しく作り、残り少なくなった釉薬も作ります♪