工房 上碗空(うわんそら)
Text Size :  A A A
|  はじめまして!  |  お知らせ  |  日々雑記  |  works  |  これまでの展示  |  お便り  |  リンク  |
Img_72458dd3581496d1be845447239bbc22
綾さんのマフラー.ひときれ♡
朝晩寒くなって、薄い毛布なくしては風邪引きそうなこの頃です。
雲ひとつない青空に、苔色茶色が混じってきた緑の山々。
ぼーっと眺める時間のなんと贅沢なことよ、と。

怪我をしなければ12月にひとつ予定を入れようと思っていたのが
それも出来なくなり、でもそのおかげで叶ったことがあり、
その一日がとても佳い時間で、嬉しくなったのでした。

それは、、先週土曜日、日帰りで東京へ行ってきたことです♪
前回のマンマミーアさん以来、楽しみにしていた吉野綾さんの個展。
織物のことはまったくわからない私ですが、綾さんがつくりだす
布がとてもスキで、おっかけファンになっています(笑)
facebookで制作過程をずっと見てきて、個展初日にみにいくことを
叶えました。(みにいくことが叶いました、ではなく^^)
初日のopen30分程過ぎて会場に到着すると...
お目当てにしていた布はもうなくて、とても残念だったのですが、
ドアをあけて一番に目に入ってきたマフラーと、迷いに迷って選んだ
”ひときれ”を購入しました。
マフラーはカシミアとシルクの混紡で柔らかくあたたかく気持ち良く、
色は青.黒.グレー.茶色で、裏表で模様の色が違うダマスク織。
巻く場所でいろんな色がチラリと見えて、ほんとうに素敵なのです!!!
”ひときれ”は、新しい釉薬のカップを置きたいなと思い。。

個展をみて、作品に宿る美しさは作り手そのものだと強く感じました。
自ら糸を染め糸を紡ぎ、自分自身がほんとうに作りたいものを作る。
動物との暮らしや、畑の世話や、細々とした日々の暮しのなかに
つくることは溶け込み、大地に足をつけて生活する人の仕事である
ことを。
私が大好きな吉野綾さんの個展は今週末まで開催中です!
綾さんのHP  (Click!) 


綾さんの個展のあとは、
私の好きな水道橋にある器ギャラリーにご挨拶かたがた行きました。
納品が遅れているお詫びやら、新しい釉薬.新作をみていただきに
久々に訪れました。
制作意欲がズビシッ!! と高まるようなひとときを過ごすことができ、
ありがたく元気が出ました。
『新しい自分が見たいのだ。仕事する』
その言葉を指針として傍らにいつも置いていたいと思うし、
ふつうの暮らしをちゃんとできる人になりたい。
自身の日常を省みて、できていないことが多すぎる。
でも今からでも遅くないはず!!
怪我をしたおかげで、これまでは思いもしなかった思いや考えが
ふとなにげない場面で浮かんで来たり、
ともすれば忘れがちな感謝の気持ちがふつふつとわいてきます。
怪我はほんとうに貴重な体験となり、貴重な時間だと思えるように
なってきました。
脳が活性してきた証拠かな?! 左手もかなり使えるようになってきたし!!
焦らず出来ることはちゃんとして、でも左手で包丁を握るのだけはやめて
この秋〜冬を楽しく過ごせたらと思います(^o^)